温泉 | 【公式】山翠楼(さんすいろう)奥湯河原温泉の高級料亭温泉旅館

山翠楼

ご予約
お電話 宿泊プランご予約 menu

温泉

高台から見渡せる山の景色が自慢の展望露天風呂。

高台から見渡せる山の景色が自慢の展望露天風呂「大空」。 夜は満点の星空が望め、天空露天風呂となります。
近くを流れるせせらぎを背に、日ごろの喧騒を忘れ、ただひたすらにお寛ぎいただければと存じます。
湯河原温泉は弱アルカリ性の柔らかい泉質。肌に潤いを与え、何度でもお入りいただけます。 古来より薬湯として多くの人がこの地を訪れました。
また、小庭の緑としっとりとした雰囲気が特徴の大浴場は、野鳥や草木のざわめきを聞きながらの入浴が楽しめます。



展望露天風呂「大空」

眼下にせせらぎ、横に山並み、頭上に空。
雄大な自然を360度満喫できる展望露天風呂「大空」は、奥湯河原の四季が織り成す雄大な景色を楽しむために生まれました。
夕暮れはもちろん、星降る夜、霞が山々を覆う驟雨、木々が緑を増す晴天の昼間。
時節や天候、そして時間によってさまざまに表情を変える風景を、檜の香りに包まれながらお楽しみいただけます。

  • ※雨天や濃霧などの天候により、星空が見えない場合もございますことをご了承ください。
  • ※「大空」は時間別の男女入れ替え制です。
  • 展望露天風呂「大空」…男性入浴時間 14:00~20:00、8:30~10:00/女性入浴時間 21:00~8:00 (男女入れ替え制)
    ※10:00~14:00クローズ

大浴場

黒御影石に縁取られた伊豆石の浴槽に、湯量豊かな温泉の広々とした大浴場は、大きな全面ガラスの窓から庭園を望みます。
戸外に出て見上げると、木々の間を抜けて悠久の自然が語りかけます。

泉質・効能

山翠楼は敷地内にある源泉から温泉を引いております。温泉は無味無臭透明です。

■温泉一般の適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え症など

泉質 カルシウム-硫酸塩泉
知覚的試験 無色透明、無味、無臭
泉質別適応症 動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児、慢性婦人病など
pH 7.8
源泉温度 58.1度

アメニティグッズ

ボディソープ・ミキモトのシャンプー&トリートメントをご用意しております。

■洗面台
バスタオル・フェイスタオル・マイナスイオンドライヤー・歯ブラシ・カミソリ・シャワーキャップ・ヘアゴム・コットン・綿棒・ヘアブラシ・シェービングも可能な洗顔フォーム女性用化粧品(化粧水・乳液・クレンジング・ヘアブロー)・男性用化粧品(リキッド・トニック・ローション・ソフトフォーム)

■浴室
ボディソープ・ミキモトのシャンプー&トリートメント

営業時間

大浴場(殿方用・ご婦人用)…14:00~翌朝11:00
展望露天風呂「大空」…男性入浴時間 14:00~20:00、8:30~10:00/女性入浴時間 21:00~8:00 (男女入れ替え制)
※10:00~14:00クローズ

  • ※特別な理由により変更になる場合もございます。

SPAのご案内

自分本来のウェルネスバランスを取り戻す。
山翠楼内にある「madoromi SPA SUI」で、ゆったりとした、贅沢な“まどろむ時間”をお過ごしください。

SUI madoromi

madoromi SPA SUI

湯河原温泉の歴史

湯河原温泉の発見説

大化の改新後まもなくの674年に加賀の国(金沢)から、名族の血統である二見加賀之助が、新しい政治の圧迫を逃れる為に湯河原に移住し、開拓の際に温泉を発見したという説が残されています。また、奈良薬師寺の大高僧、行基(ぎょうき)が大仏を作るための寄付を集めるために全国を旅している最中に、箱根山で病でうずくまっている乞食に出会うところから物語が始まり、乞食に言われるまま彼を背負って渓谷に向かうと湯が湧き出し、湯に入るとあっと言う間に病が直っただけでなく、実は正体は薬師如来だったという話が残されています。

これ以外にも、同じく大高僧の弘法大師が湯河原の谷で修行した際に見つけた説や、優れた修行僧であった役行者役小角(えんのおづの 飛鳥時代700年頃)が神通力によって見つけた説、怪我を負った狸が傷を治す為に湯を見つけて治した等の説が残されています。

狸説に関しては、湯河原で傷を治した狸が人々に恩返しをした説があり、この狸を祀った神社があります。(万葉公園/狸福神社)町の人々も昔から狸をこよなく愛し、湯河原では狸にちなんだ「坦々やきそば」も新たに作られ、多くのお店で振舞われています。

 

戦争後に療養地として選ばれる

湯河原温泉のお湯は薬湯として有名ですが、とくに傷に効きめがある事から、後の療養場所として傷病兵の療養に指定され、全国的にも有名になりました。